Here For The Teaの訃報に衝撃を受けるYouTuberたち 美容界はどこへ向かうのか

YouTuberニュース

美容界のゴシップを紹介するYouTubeチャンネル「ヒア・フォー・ザ・ティー(Here For The Tea)」を運営していたサムが亡くなりました。多くの美容YouTuberやゴシップチャンネルが声明を発表しています。

スポンサーリンク

Here For The Teaの功績

サムは古参の美容ゴシップチャンネルを運営していました。YouTube登録者数39万4000人、Instagramのフォロワー数は13万4000人です。

Here For The Tea
Hey everyone! This channel is all about bringing you today's popular YouTube guru/celebrity tea and the content of these videos should not be taken as FACT, bu...

熱狂的なファンが多く無敵だった頃のジェフリー・スターを最初に批判したYouTuberがサムです。

サムはジェフリーのハッタリやウソを早い段階で見抜いていました。人気絶頂の美容YouTuberを批判したことで注目されたサムは、脅迫を受けたり個人情報を暴露されたりしたこともあります。それでも意見を変えることがなかった勇気ある存在でした。

たいていのゴシップチャンネルは耳心地のよい情報を流して人気を得ています。彼らに一貫したモラルはなく、人気者や仲良くなった美容YouTuberを特別扱いする節があります。

サムは違います。人気YouTuberと交流しても買収されたような意見を言うことはほとんどありません。多くの視聴者と違う意見を持っていても堂々と発言していました。そこが彼女の魅力だったと思います。美容YouTuberでサムを嫌っている人が多いのは、虚構が多い世界で事実を指摘する珍しい人だったからでしょう。

最近になりゴシップチャンネルに参入したクリエイターが「最初に見たゴシップチャンネルはHere For The Teaだった。尊敬している。」と話すことがあります。それほど影響力があるチャンネルでした1。美容界の炎上騒動に「ドラマゲドン(2018)」と名付けた一人がサムだったようです。

美容界のゴシップになくてはならない存在がサムでした。

美容YouTuberの声明

真っ先に声明を出したのは、YouTuberのハーリー・ジェンです。

美容YouTuberのジャッキー・アイナです。

ジャッキーはサムの姉がInstagramにコメントを残しているとツイートしています。

美容YouTuberのマニー・MUAです。

美容YouTuberのタティです。

その他、ローラ・リー(ツイート)、ローレン・DIY(ツイート)、コリン・バリー(ツイート)が声明を出しています。

続いてティー(ゴシップ)チャンネルの声明を紹介します。

ティー・タイム(Tea Time)の二人です。彼らは、個人的にサムからYouTube動画への助言を受けていたと明かしています。Tea TimeのYouTubeチャンネルリンク

さらにティー・タイムはサムについて「無償で価値のある助言をしてくれた人だった。(小さなチャンネルの)私たちへ優しくしてもメリットはないはずなのに。本当に心優しい人だった。いいことをしたとしてもSNSで自慢をしない。裏切りが当たり前の世界で、サムは希有なほど誠実な人だった。」と話しています。

スモーキー・グロウです。

その他、アシュリー・カイル(ツイート)、ピーター・モン(ツイート)、アリ(ツイート)が声明を出しています。

サムの宿敵だったジェフリー・スターや、ジェームズ・チャールズTea Spillは声明を出していません。交流があったはずのジャクリン・ヒルも黙っています。

人気美容YouTuberになるためには「上手にウソをつけること」が必要になります。スポンサーの商品を宣伝しているとき、一度も使ったことがなくても「毎日愛用しています! リピートで買っています!」と言うインフルエンサーが人気な時期がありました。そんないいかげんなインフルエンサーたちに「スポンサーの商品を宣伝しているときは、視聴者に明示しないとダメだよ」と指摘していたのがサムでした。

ずさんな商品を売り出して、逃げ切ろうとするインフルエンサーを追及していたのもサムでした。今後、彼女ほど勇気がある人が登場するのか疑問に思います。YouTube美容界の損失は計り知れません。

  1. 筆者もHere For The Teaの動画を熱中して見た時期があった。おかげでブランドの『モーフィー』が嫌いになった。
タイトルとURLをコピーしました