シェーン・ドーソンとジェフリー・スターの2022年動画シリーズ完結 発売できなかったパレットの秘話が明かされる

コスメ

シェーン・ドーソンの2022年の新シリーズ第2話と第3話が公開されました。第1話は発売がたち消えになってしまったアイシャドーパレット、大炎上した後のシェーンの様子、ジェフリーとの友情などが話題になっていました。

第2話は、ジェフリーのワイオミング州のヤク牧場にシェーンたちが遊びに行っています。第2話の最後ではジェフリーが「YouTubeをやめようと思っている」と衝撃の告白をしています。

第3話では、お蔵入りになったパレットがお披露目されています。

スポンサーリンク

第2話YouTubeはつまらない

こちらが2022年11月8日に公開された第2話『The New World Of Jeffree Star』です。ジェフリーの新ビジネスはヤク肉販売です。牧場でヤクを育て、地域のレストランにも肉を提供しているそうです。

The New World Of Jeffree Star

相変わらず冒頭からコマーシャルが入っています。第2話には2019年12月頃の映像が挿入されています。第1話もそうでしたが、第2話も時間が過去へ、現在へ、と飛んでいます。これはシェーンの編集の好みのようです。

シェーンは最初に「ジェフリーからの動画シリーズのテーマについて謎の提案があったが、自分は心の準備ができていないし、反対している。」と話しています。その提案が何なのか判然としないまま動画はすすみます。

ワイオミング州に到着したシェーンたちをジェフリーが空港まで迎えに来てくれています。ジェフリーが事故を起こした同じ道を通って家に向かっています。ジェフリーは昔からわずかに脊柱側湾症気味だと言われていたそうですが、事故のおかげでまっすぐになったそうです。

ジェフリーは炎上後に高級バッグのコレクションの90%を売った、と発言しています。数億円になり、良い投資だったそうです。

ジェフリーのヒドゥンヒルズの豪邸の敷地は2エーカー(約8100平方メートル)でしたが、ワイオミング州では600エーカー(約240万平方メートル)のヤク牧場を運営しています1

第2話の主要なテーマは、ジェフリーがYouTubeを止めようと思っていることでした。ジェフリーは「もう誰もYouTubeなんて見てない。パンデミックのおかげで人々はNetflix、Paramount、Disneyのコンテンツを見るようになった。昔はシェーンとウォルマートに行けばその動画は3000万回再生されたけど、今は誰も見ない。YouTubeでできることはもうし尽くしてしまった。」と語っています。

視聴者は、ジェフリーのYouTube動画を見てきたので寂しいとツイートしています。

当初、第2話は『ジェフリー・スターの引退生活』という動画タイトルでしたが、『ジェフリー・スターの新たな世界』に変更したようです。

スポンサーリンク

第3話パレットの真相

第3話は2022年11月15日に公開されました。ジェフリーのヤク牧場で昔話に花が咲いています。ジェフリーおすすめのレストランで、シェーンたちが初めてヤクバーガーを食べる様子も映っています。

The End Of Jeffree Star and Shane Dawson

お蔵入りになったパレットの名はdoomsday(最後の審判、この世の終わりの日)でした。パンデミック前に企画していたdoomsdayパレットでしたが「(時節柄もあり)不謹慎なので発売はできないと判断した」と二人は振りかえっています。

お蔵入りとなってしまったdoomsdayパレットですが、数点のアイシャドーは後に発売されたパレットの中に入って販売されているそうです。

しかし、めざといファンは時系列が合っていないと指摘しています。

シェーンも混乱しているのかもしれません。あるいは何か意図的に隠している事実があるのでしょうか?

シェーンもジェフリーも2019年の陰謀論パレットの成功を懐かしんでいるようです。今後のキャリアであれほどの成功を望めないとわかっているからでしょう。今回のシリーズは過去の栄光に引きずられた二人の姿が主題になっていて、見ていて寂しい気持ちになりました。

第1話については『キャンセルされたシェーン・ドーソンがジェフリー・スターと再び化粧品を出す?動画シリーズの第1話が公開』で紹介しています!

  1. ちなみに、240万平方メートルは上野動物園(14万平方メートル)の10倍以上。
タイトルとURLをコピーしました