アメリカ感謝祭の衝撃的な料理 ターキーは木くずのようで副菜はケバケバしいピンク色なのに問題なし⁈

おもしろネタ

祝日のごちそうには家庭ごとに定番の味があります。先祖からレシピを継承したり、知り合いからレシピを教えてもらい改良を加えたりします。

今回は、感謝祭の料理として投稿されていた「ごちそう」の写真が悪い意味で話題になってしまい、いじられていたので紹介します。それぞれの家族が作ってくれたであろう「ごちそう」を悪く言うのは気が引けますが、SNSには写真を酷評する声が多く投稿されていました。

というわけで、忠告を無視したか、美味しい料理の自慢をするつもりで料理を投稿したらいじられてしまった写真を紹介します。

スポンサーリンク

感謝祭のプレート自慢!?

感謝祭(thanksgiving)は北米の伝統行事です。アメリカでは毎年11月の第4木曜日に祝われ、家族で集まって食事をします。

感謝祭では、ターキー(七面鳥)などの肉料理とたくさんの副菜(スタッフィングやマッシュドポテト)と一緒にパンなどを食べるのが定番になっています。ターキーの調理方法や副菜に何を合わせるかは地域や家庭によりさまざまです。

感謝祭の料理の例

まずはこちらの写真からです。レストラン「Dooky Chase」の通販商品だったようですが、いじられています。

味はわかりませんが、盛り付けはあまり上手ではないようです。スタッフィングのかけらが皿の縁についてしまっているのは残念ですね。

この写真には、このようなコメントがありました。

そのほか、「この写真を撮っているときの顔はこれ」とトラヴィス・スコットの釈明動画のキャプチャを貼るツイート複数あったのが印象的でした。コンサート会場で死者を出したトラヴィスの釈明動画も白黒で深刻な様子を演出しようとしていたのは記憶に新しいところです。

こちらは、ピンク色のソースがかかった料理の写真です。

問題ないわけないでしょう……。このピンク色は「胃薬のペプトビスモルみたい」といじられていました。さらに、子ども向け番組『テレタビーズ』に出てくる食べ物「タビーカスタード」にそっくりだとの声も上がります。

『テレタビーズ』の公式Twitterアカウントまでコメントしています。

タビーカスタードの食べ過ぎには気をつけましょう。食べ過ぎるとタビーカスタード・タミーになり、しゃっくりが止まらなくなります(参考動画)。このツイートの料理はしゃっくりぐらいではすまないかもしれませんが。

こちらはターキーのはずですが、切ると木くずのように粉砕される動画です。

一体、何でできているのでしょうか。怖い……。

この不気味なターキーもいじられています。

乾いているだけでこんなボロボロになるものでしょうか?

こちらは、感謝祭の料理写真にアカウント名のウォーターマーク(すかし)を入れています。

写真にウォーターマークを入れたのは、著作権侵害やパクりツイートの予防だと思われます。この投稿者をいじるツイートはこちらです。

recovered tweet 1464025921271255059

(2021年12月12日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

余談ですが、通常、感謝祭のターキーはオーブンで焼きます。しかし、ターキーを油で揚げる家庭もあるようです。ターキーを揚げると火災になりやすいので注意してくださいと消防局が警告していました。たしかに、揚げる調理法は危険かもしれません。

いじられてしまったツイートもありましたが、火事になるよりは美味しくない料理がまだましです。タビーカスタードが添えられていても、ターキーが木くずみたいでも、今年も無事に11月まで過ごせたことに感謝して食べましょう。食べたら12月を迎えられないかもしれませんが。

Image: 5 Shocking Meals From The 1950s We Don’t Eat Today(Jessica Vill), Pro Church Media

  1. “ratioed”とはツイート本体よりもリプにいいねがたくさんつくことを意味する。確かにこれをおばあさんに説明するのは面倒そうだ。
  2. ツイートでは“Jim Crow filter”と言っている。ジム・クロウとは人種差別法の別称で、大昔の写真のように加工しているという意味だと思われる。
  3. /srsはtone indicatorである。
タイトルとURLをコピーしました