YouTubeに政治的に両極端の意見しか出てこない理由 ジョー・ローガンに噛みついたYouTuberのイーサン・クライン

YouTuberニュース

人気YouTuberのイーサン・クライン(Ethan Klein)がコメディアンのジョー・ローガン(Joe Rogan)をTwitterで批判して話題になっていました。ジョー・ローガンは最新のポッドキャストで「新型コロナにかかって亡くなるのは肥満体の人ばかりだ。これは不摂生をくり返した結果で自己責任だ。亡くなってもしょうがない。」と発言していました。

この発言をきっかけに、イーサンはこれまでジョーがポッドキャストで新型コロナに関する誤情報を流しワクチンに懐疑的な発言をしてきたと批判をします。

政治的に左寄りの発言をすることが多いイーサンと、右寄りの発言をすることが多いジョー・ローガンにはそれぞれ思想を同じくした支持者がいます。端から見ればしょうもない意地の張り合いとしか見えない争いがTwitterで発生しています。二つの陣営はくっきり分かれていますが、どちらも相手陣営を口汚く罵り、お行儀がよくありません。

スポンサーリンク

イーサン・クラインの発言

2022年1月4日、イーサンは連投ツイートでジョーを批判しています。一部を紹介します。

ジョー・ローガンは2020年9月に新型コロナウイルスに感染していました。そのとき、公式には推奨されていない民間治療薬を飲み、非常に高価な治療を受けたと報道されています。ワクチンは打っていませんでした。ワクチンを打たずにコロナに感染して、一般では受けにくい高額な治療を受けたことをイーサンは批判しています。一方、ジョーはコロナは健康な人なら問題ないとも主張していました。

イーサンの突然のツイートは話題になり、さまざまな意見が出ていました。イーサンに対抗して文筆家(?)のアンディはこのような記事をツイートします。

イーサンの写りが悪い姿とジョーのムキムキの姿の対比に目がいきます。

両極端の意見が対立する構造

Twitterではその後、「ジョー・ローガンのような頭が悪い人の話を真に受けている人はかわいそうだ。ワクチンを打て。」という意見と「太っているくせにジョー・ローガンを批判したイーサン・クラインは何様なんだ」という意見で分かれていました。

現在YouTubeにはこの問題について取り上げた動画が大量に投稿されています。どれもタイトルを見ただけでイーサン派か、ジョー派かがはっきりわかります。完全に分断されているようです。

およそ「あいつらはいつも本当にバカだ。あいつらが足を引っ張ってるからうまくいかないんだ。」という内容です。このような内容の動画ばかりなのは、この手の主張をするのが一番儲かるからでしょう。イーサン・クラインは百戦錬磨の古参YouTuberですし、この機に乗じてジョー・ローガンの肩を持ちまたしてもイーサンにかみついているキームスターも同様です。炎上すれば儲かるので対立をあおっています。

以上の内容はオプティマスが動画にしています。

The Ethan Klein vs. Joe Rogan Drama

オプティマスは「俺は絶対にジョー・ローガンやYouTuberが発信するワクチン情報を信じない。専門家の意見に従う。」と話しています。

イーサン・クラインは注目を集めるためのパフォーマンスをしたようです。執筆時ジョー・ローガンは特に反応していません。

Image: Ethan Klein has lost touch.. he’s lame now

  1. ジョー・ローガンはステロイド(テストステロン)と成長ホルモンの投薬を受けていると公言している。ともにドーピングに使われる薬剤である。成長ホルモンの影響で腹部が膨らむことが知られている
タイトルとURLをコピーしました