Netflix『ハイプハウス』の出演者のその後

YouTuberニュース

「つまらない白人しかいない」と話題のTikTokハイプハウスのNetflixリアリティ番組『ハイプハウスTikTokスターのリアルライフ』が公開されました(レビューはこちら)。リアリティ番組の制作が発表された時点で、視聴者からは「多様性が欠けている」、「何の魅力も才能もない彼らがなぜ人気なのか理解できない」、「チャーリー・ダミリオとアディソン・レイがいなくなった後はスターがいないじゃないか」などと指摘されていました。

今回は、ハイプハウス関係者がこれまでYouTubeで披露してきた姿と、ハイプハウスに関わった人々が番組の撮影後に何を話しているかを紹介します。

スポンサーリンク

ロレイの場合

2021年12月28日に公開されたラリー(ロレイ)の動画です。ロレイはハイプハウスに加入した理由と、視聴者へ釈明をしています。

Giving Up

2021年はロレイにとってツラい年でした。コロナにかかり、母親の体調も芳しくなく、同居していた親友イッサは精神崩壊を起こし連絡がとれなくなり、彼氏とは破局。とにかく孤独を感じて、YouTubeに動画を制作する意欲もなくなり、活動を止めようと思っていたそうです。

そんな災難に見舞われていたロレイに「仲間に入りなよ」と声をかけてきたのがハイプ・ハウスのメンバーでした。ロレイは、「経済的にもっと高みにいけるかもしれない、母親に家を買ってあげられるかもしれない」と思い、加入を決めます。

Netflixの番組が発表されると、「ロレイが白人に誘拐されてしまった」「好きだったロレイじゃなくなった」と古参ファンから不満の声が浮上します。本編でもファンの声が紹介されていましたが、ロレイは気まずい思いをしていたそうです。

番組の撮影後は、もうハイプハウスのメンバーではないこと1、母親に家を買ってあげられたことを報告しています。ファンには「みんなのおかげで活動できています。ありがとう。みんなも夢があって一生続けられると思う情熱があるなら、誰がなんと言おうと突き進むべきだよ。」と話しています。

さらに、Netflix制作陣から裏切られたともストリームで明かしています。「シエナ・メイとジャック・ライトの箇所が使えなくなり、ドラマが必要になったから自分が悪者になるように演出されてしまった。」そうです。

ロレイは単独でじゅうぶん人気があったクリエイターなので、ハイプハウスのメンバーとして発表されたときは驚きでした。本編を見れば、番組をおもしろくするために必要だったと納得します。

アレックス・ウォーレンの場合

期間限定メンバーのロレイとは異なり、こちらは立ち上げメンバーの一人であるアレックス・ウォーレンの声です。Netflixのリアリティ番組『ザ・ジレンマ/Too Hot to Handle』に出演していたハリー・ジョージーのポッドキャストにゲスト出演しています。

Alex Warren Spills ALL The Tea On The Netflix Hype House Show!! | Tap In W/ Harry Jowsey

ハイプハウスはこれまで3回家を引っ越ししています。二軒目のハリウッド・ヒルズの豪邸には一時期15名が住んでいたそうです。毎日20名ほどが家に出入りして、コラボ動画を撮影していたのでハイプハウスの宣伝効果がありました。加えてパパラッチが常に待ち構えていて、(有名な家なので)ファンも外で出待ちしていた2

Netflixのシリーズが撮影されたのは、三軒目の家です。アレックスはNetflixの番組について「みんなが思っているような内容ではないと思う。ドラマがたくさん起こって、誰かは家から追い出されて、見どころがたっぷりあるよ」と話しています。ウソつき。

現在はアレックスはハイプハウス邸からは引っ越し、6名の友だちと共同の家に住んでいます3。「今の家はちょうどよい広さで自分らしいと思う。今はハイプハウスに住んでいるわけではないが、ビジネスは続けている。」と話しています。

ポッドキャストでは他に母親を亡くしたこと、ティーンの一時期に路上生活者だったこと、5つのビジネスを同時進行でこなしていること、今後2年以内に恋人のクーヴァーと結婚する予定であることを話しています。

トーマス・ペトロの場合

ハイプハウスのマネージャーを自称するトーマス・ペトロの動画です。トーマスは番組撮影後も「ハイプハウス」に数名のメンバーと共に住んでいます。彼は予告編にリアクションをしています。

Reacting To The Hype House Netflix Official Trailer!

トーマスは「白人ばかりだと批判があったが、俺らは(トランスジェンダーの)ニキータ・ドラゴンでもあたたかく歓迎した」と反論しています。…そういう発言が批判される理由だと思うのですが、無自覚なようです。

美容YouTuberのニキータやロレイが急きょハイプハウスのメンバーに入っている理由は、多様性のなさへの批判を回避するためだったようです。

おまけ:アディソン・レイの場合

元ハイプハウスのメンバーと報道されていたTikTokスターのアディソン・レイの動画を紹介します。美容YouTuberのジェームズ・チャールズに話している内容です。

Doing Addison Rae's Makeup!

ハイプハウスのメンバーが全員白Tシャツを着て、デニムを履いている不気味な集合写真の秘話を明かしています。

 Rayhart Twins Hype House

ハイプハウス(2020年1月頃)

アディソン・レイはトーマスから連絡があり「明日、撮影があるから白Tシャツとデニムを持って家に来て」と呼ばれたそうです。アディソンはハイプハウスに加入するつもりはありませんでしたが、その場のノリで撮影に参加したところ、「ハイプハウスのメンバー」として発表されてしまったと明かしています。トーマスの戦術に乗せられてしまったようです。

結局、アディソン・レイは脱退していますが、初期の頃は正式メンバーかのように報道されていたのは興味深いです。アディソンやダミリオ姉妹なくしてハイプハウスの成功はなかったことをトーマスはわかっていたようです。

トーマス・ペトロとアレックス・ウォーレンのYouTube動画再生数は2021年に低迷していますが、Netflixの番組が公開され、どれくらい再生数が上がるのか楽しみです。余談ですが、ダミリオ姉妹はHuluの番組が公開された後でもYouTubeの再生数には影響はほぼありません。

Image: Rayhart Twins, Colin and Samir Why everyone leaves the Hype House

  1. 番組公開後、ロレイとトーマス・ペトロは互いにInstagramをアンフォローしている。
  2. たしかにこの頃、よくハリウッドフィックスがハイプハウスの映像を公開していた。
  3. 引っ越しを報告する動画
タイトルとURLをコピーしました