ジェイク・ポール対ダナ・ホワイトの闘いはコカイン検査対ドーピング検査?

YouTuberニュース

炎上系YouTuberからボクサーになったジェイク・ポールが総合格闘技団体UFCの代表ダナ・ホワイトとSNSで応酬をくり広げています。ジェイクは今後の対戦相手にUFCの選手を指名していましたが、ダナ側は「ジェイク・ポールはドーピング検査をしてみろ」と一蹴しています。

その後ジェイク・ポールはUFCの選手の待遇改善を要求する投稿をして、喝采を浴びていました。ジェイクは決して知性で売っているわけではないキャラなのですが、珍しく論理的な主張をしているので驚きの声も上がっています。

スポンサーリンク

ジェイク・ポールが選手の待遇改善を求める

こちらが、ジェイクのツイートです。「ダナ・ホワイトがこの要求をのめば、すぐにボクシングを引退してUFCのホルヘ・マスヴィダルと対戦する所存だ」と冒頭に書いています。

ジェイクは選手の処遇改善を求めています。元UFCヘビー級王者のティム・シルビア(ツイート)や、スポーツ記者からジェイクを支持する声がありました。

社会正義に関心の強いYouTuberからも、それなりに賞賛されています1

ダナの反論

ジェイクの挑発にダナは動画で応じています。

「PPVを売れないから」と言っているのは、年末のジェイク・ポールvsタイソン・フューリーの対戦で数万人しか視聴していなかったとウワサされているからです。

ジェイクはさらに動画で反論していますが、執筆時進展があった様子はありません。ダナは今後も選手の処遇を改善する意向はなく、ジェイクはドーピング疑惑を払拭できないままでしょう。ジェイクはステロイドだけではなくPED(運動能力向上の薬)を使用しているのではないかと指摘があります。

壊れている時計でも日に2回は正しい時刻を示すと言います。選手の扱いを改善せよと主張したジェイクもたまには意味が分かることをいうようです。

以上の内容はYouTuberのオプティマスが動画にしています。

Jake Paul Finally Took A W?

Image: MMAnytt “UFC boss Dana White issues STRANGE challenge to YouTube boxer Jake Paul!”

  1. 例えば、チャンネルインターネット・トゥデイのエリオット(ツイート)、クリスト・アイヴァリス(ツイート)など。
タイトルとURLをコピーしました