Ace Festはつまらなかった? ディズニーランド×コーチェラのはずが経費削減を感じさせる残念フェス

YouTuberニュース

うさんくさい家族YouTubrのエース・ファミリーが2022年7月9日にイベント『エース・フェス』を催していました。これまで数々の詐欺的なイベントを行い訴訟沙汰になってきたエース・ファミリーなので、炎上騒動を扱うYouTuberたちがコンテンツのために多く来場していたようです。

エース・フェスの会場に足を運んだYouTuberがたくさん動画を投稿しているので紹介します。

スポンサーリンク

エース・フェスから追い出されるYouTuber

エース・フェスのチケット価格は約3万円からという高額なものでした。一枚で複数名が入場できるシステムで、さらに後日、催される別のエース・ファミリーのイベントでも利用できると売り出されていました。

場所はカリフォルニア州ランカスターです。砂漠の中にある日差しが厳しい乾燥した場所です。エース・フェスは「ディズニーランドとコーチェラを合体させたようなイベントになる」と宣伝されていました。エース・フェスでは、動物とふれあうエリアもあり、アトラクションは乗り放題、駐車場代も無料と宣伝されていました1。実態はどうでしょうか?

ゴシップチャンネルの運営者スピル・セッシュ(顔出ししていない)はこのような写真を投稿しています。

ディズニーランドにしては夢がない印象ですし、コーチェラにしては盛り上がりに欠けます。

さらにスピル・セッシュは駐車場代として10ドルを請求されたとツイートしています。すでに宣伝とは違います。

エース・フェスに行ったゴシップチャンネルの運営者リッチ・ラックスとマッドキャスターは入り口で追い返されたそうです。

YouTuberのマッドキャスターはエース・フェスのチケットの売れ行きが悪いと暴露する動画を投稿していました。エース・ファミリーは自分たちに批判的なYouTuberを排除するため出禁リストを作っていたようです。

YouTuberのAtoZyは会場からライブ配信をして、来場者に「イベントに満足していますか?」と質問していました。ほとんどの来場者が「チケットの価格にしては、ガッカリかな」と答えています。

At The Ace Family Festival (Ace Fest) (past stream )

YouTuberのアマンダ(チャンネル名スウェル・エンターテインメント)はイベントについて「とてもつまらなかった」と話しています。

Ace Fest was boring

アマンダによれば、来場者の内訳はエース・ファミリーのファン、エース・ファミリーの親戚、エース・フェスの失敗を目撃するため集まったクリエイターだったそうです。純粋なファンは子どもたちだけで、連れてきた保護者は「(大人は楽しめないけど)子どもが喜んでいるから、まぁいいかな」と話していたそうです。

アマンダはエース・フェスについて「カーニバルとミート・アンド・グリートが合体したようなイベントだった」と表現しています。エース・ファミリーに会うためにファンは集まっていたようです。

アマンダは一人で乗り物に乗っています。

YouTuberのデフ・ヌードルズは何時間も列に並びエース・ファミリーに直接会って、「尊敬しています。あなたのような詐欺師になるにはどうすればいいですか?」と質問していました。

その後、警備員から退場を促されています。

バッシング対象としても期待外れ

会場にあったゲームの懸賞は、エース・ファミリーの過去のマーチの売れ残りであることも報告されています。3万円から5万円のチケットを払って行く場所ではないような安っぽさです。

こちらのツイートはエース・フェスを端的に表現しています。

実際に後日、動画を公開したエース・ファミリーは「イベントは大成功だった! 来年もするかも!」と話しています。

コロナで対面のイベントが激減し、YouTuberが主催したイベントが少なくなっていました。今回のフェスにはネタになるだろうとYouTuberが多数集まっていました。これまでのエース・ファミリーの詐欺商売からひどいイベントになることが期待されていたのです。

会場に入れない客が続出し、参加者がつぎつぎ熱中症で倒れ、法的問題に発展しかけた2018年のタナ・コンの再来にはなりませんでした。タナ・コンのような大失敗を想定していたYouTuberたちは肩透かしをくらったようです。

しかし高すぎるチケット価格と誇大広告があった事実は変わりません。経費削減をそこかしこに感じるイベントになりました。

Image: The Ace Fest was a MESS…

  1. ウワサでは食事も無料と宣伝されていたそうだが、公式サイトにはそのような表記はなかった。
  2. リッチ・ラックスとマッドキャスターのこと。
タイトルとURLをコピーしました