トランプ大統領がSNSから追放され二度目の弾劾も始まる 下院議長のファッションにも注目!

おもしろネタ

アメリカの第45代大統領が、人気アプリから次々に追放されています。ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどが相次いで声明を出し、暴徒を扇動し議員を危険にさらしたトランプ大統領の責任を追及しています。ツイッターは永久追放という極めて厳しい判断を下していることから、2021年1月6日に起きた議事堂の襲撃を重く受け止めているようです。

Donald Trump Banned From Twitter, Instagram, Facebook, Reddit, TikTok, Google, Apple + More

トランプ大統領があらゆるプラットフォームから追放されたとネタになっているので紹介します。※以下はすべて冗談です。

もはや大統領ではなく、「映画に一瞬だけ出演したので有名になった人トランプ」として扱われています。

『ホーム・アローン2』にカメオ出演していたはずのトランプ大統領ですが、初音ミクに変わってしまいました。

TikTokアプリを全米で禁止してしまおうと画策したトランプ大統領でしたが、返り討ちに遭ってしまいました。

Por▼Hubまでアクセス禁止になってしまいました。

recovered tweet 1347965093196296195

(2021年1月31日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

※「トランプ大統領がPor▼Hubから追放された」という話はデマです。

ネットのあらゆるプラットフォームから追放されてしまったトランプ大統領は、とうとう三次元の世界から追放されてしまいました。

2021年1月13日、アメリカ下院で弾劾決議案が可決されました。

President Donald Trump impeached for 'incitement of insurrection'

この後、弾劾が成立するためには上院で2/3の賛成票を獲得する必要があります。任期を終えた後のトランプ大統領は、二度と政界に戻れなくなるのでしょうか1。歴代大統領のなかで、任期中に2回弾劾されたのはトランプ大統領だけです。

ナンシー・ペロシ下院議長は2019年の弾劾と2021年の弾劾で同じ衣装を着ていると指摘されています。

トランプ大統領が史上初めて2回弾劾された大統領であるのと同じく、彼女は史上初めて任期中に弾劾条項に2回署名した下院議長ということになります。

Image: Trump BANNED on Twitter! Freedom of Speech? (OPINION)

  1. 公職に就くことを禁ずるためには弾劾以外の手続きも必要になる。
タイトルとURLをコピーしました