ドイツ人宗教家が交際相手の18歳誕生日を祝う……コメントが不気味だが問題はそこじゃない?

YouTuberニュース

Instagramで交際相手の誕生日を祝うほほえましいはずの投稿が、批判の的になっています。批判されているのはドイツ人YouTuberです。

スポンサーリンク

問題なさそうだけど…よく見ると

こちらがドイツ人YouTuberのInstagram投稿です。※このアカウントは既に鍵付きになっています。

投稿に書かれている内容を読むと「ようやく18歳になったね。1」と書かれています。

文を読むと、女性が18歳になる以前から長い付き合いがあったと分かります。この投稿が発見されると、すぐさま人々は批判を開始しました。

Instagramの投稿者はキリスト教を布教するチャンネルWesely’sを運営しているジョシュア(Joshua Wesely)さんです(チャンネルリンク)。

ジョシュアさんの家族が運営するホームページによれば、ジョシュアさんは1998年生まれだと書かれています。単純に計算すればジョシュアさんは19歳のときに、14歳の子どもと出会って交際を始めたのでしょうか?

ここで、ドイツの同意年齢は14歳だと指摘されています。

異様さに気付いた人々は悪質な書き込みをしています。

米国では未成年者との関係は著しいタブーです。米国以外の国であっても容赦はされないようです。

キリスト信仰に篤いジョシュアさんが、宗教的なプロパガンダ映画を作っているのも発掘されました(予告編はこちら)。

詳しい事情は分かりませんが、彼らは妙なミュージック・ビデオを2020年に公開しています。不気味な動画ですが、彼らは幸せそうに見えます。

As A Couple We Worship – Isii and Josh (feat. Lukas Speer) | Official Music Video

彼らの年齢差よりも、彼らの音痴な歌を聴かされたことに憤りを覚えました2

ジョシュアさんは「キリスト教的でない音楽や映画が世の中にはあふれている。こういったものからは距離をとらねばならない。ラップは神の言葉に反するものが多い。キリスト教的な音楽を聴き、映画を観よう。そうしているうちに、いつの間にかキリスト教的でない音楽や映画はいらなかったと気づくときが来るだろう。」という内容の動画も投稿しています。いくら道徳的でも音痴なのはまずいと気づいてほしいものです。

  1. この発言が特に気持ち悪いと指摘されている。
  2. ついでにこの女性アーティストを思い出した。
タイトルとURLをコピーしました