アディソン・レイがジャーナリズムを3か月間学んだとツイートして批判される

YouTuberニュース

人気TikTokスターのアディソン・レイ(Addison Rae)UFCのレッドカーペットでインタビュアーを務めて炎上していました。アディソンのTikTokフォロワー数は8180万人、YouTube登録者数は475万人、Instagramのフォロワー数は3850万人です。

アディソンは、1999年のコメディ映画『シーズ・オール・ザット』のリメイク『ヒーズ・オール・ザット』に出演して女優業も本格的に行っています。『ヒーズ・オール・ザット』はNetflixで2021年中に公開される予定です。

スポンサーリンク

問題のツイート

2021年7月9日、アディソン・レイはこのようにツイートしました。

ドレスを着たアディソンが笑顔でマイクを握っている写真も添付されています。

アディソンはTikTokスターになる以前、ルイジアナ州立大学でジャーナリズムを学んでいました。「スポーツ・ジャーナリストになりたかった」と過去の取材で話していたほど、興味がある分野だったようです。2019年の年末に急速にフォロワー数を伸ばしたアディソンは千載一遇の機を逃さないために、大学を中退してロサンゼルスへ移住しています。数か月後には家族もロサンゼルスへ引っ越して一緒に生活をしています。

大学を中退して、成功したTikTokスターになったアディソンの冗談交じりのツイートでしたが、一部のジャーナリストやジャーナリズムを専攻していた人たちの反感を買ってしまいました。

一部の批判コメントを紹介します。

アディソンは3か月学んだだけなのでレッドカーペットで取材をする資格はない、という意見です。

こちらはジャーナリストの意見です。

YouTuberからは擁護をする声がありました。人気ゲーマーのドリームです。

その後、アディソンはバースツール・スポーツの「最も嫌われているUFCのコメンテーター」というツイートをリツイートしています。

TikTokスターはたくさんの良い機会に恵まれています。TikTokスターが特権的に優遇されていると感じた人々から厳しく批判されてしまったアディソンでした。

Image: Celebrities at UFC 264 Addison Rae enjoying fight

  1. Tone indicatorを使っている。Tone indicatorについてはこちら
タイトルとURLをコピーしました