OFRA Cosmeticsの副社長がトランプ支持者と判明し炎上 美容YouTuberもとばっちりでTwitterアカウントを消す

コスメ

オフラ・コスメティックス(OFRA Cosmetics)のオーナーのInstagram投稿が問題になっています。問題の投稿は、オーナーの夫(オフラ・コスメティックスの副社長)がアメリカの国旗を掲げトランプ支持者のMAGAハットを被り、白人至上主義者を象徴する手のサインをしているというものです。この投稿は2016年12月のものでしたが、最近になり発覚しました。多くの美容YouTuberが批判の声を上げています。

スポンサーリンク

発覚した投稿

最初に問題を指摘している投稿です。

このOKサインは白人至上主義のシンボルとして最近使われています。

美容界の騒動を扱うアカウントHere For The Teaも指摘します。

さらにオーナーのSNSアカウントにはトランプ大統領の陣営に寄付をしている記録が残っていました。

批判の声を受けオフラ・コスメティックスは声明を出します。

抄訳:会社には多くの人種、民族、さらに性多様性が含まれています。みな様々な政治的信条をもっていますが必ずしも化粧品には反映されていません。


声明を受けYouTuberも声を上げます。

YouTuberから批判の声が

美容YouTuberのスモーキー・グロウの意見です。

美容YouTuberのロバート・ウェルシュの意見です。

ニッキーチュートリアルズ(NikkieTutorials)もオフラ・コスメティクスのオーナーの過去の投稿を批判しています。さらにコラボ商品の今後について、対応を検討していると表明しています。

Nikki

ニッキーのInstagramストーリー

さらに、調査をしていた人たちが新たな事実を掘り起こしました。

オーナーの夫がトランプ陣営に寄付をしていた日が、警官に取り押さえられて亡くなったジョージ・フロイドさんの葬儀の日だったのです。

こちらの動画では副社長デイヴィッド氏がトランプキャンペーンに献金を行った記録を並べています。

ますます体裁が悪くなったオフラ・コスメティックスですが、批判の矛先が向かったのはブランドだけではありません。コラボ商品を販売していた美容YouTuberのジェン(JenLuvsReviews)も批判されていました。

釈明を求められたジェンは当初このように発表していました。

(2021年5月29日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

このジェンの投稿内容には誤りが含まれていたため、さらなる批判を浴びることになりました。執筆時、ジェンのTwitterアカウントは削除されています。

ここまでの内容はTea Timeの動画で紹介されています。

化粧品ブランドのオーナーの夫の政治信条のため炎上してしまったオフラ・コスメティックスでした。トランプ元大統領には白人至上主義的な言動を容認する空気を作り、陰謀論をばらまき支持者を混乱させた過去がつきまとっています。美容界ではトランプ元大統領だけではなく、彼の支持者であることすら許さない風潮があるようです。

2021年1月6日の国会議事堂へトランプ元大統領の支持者が乱入した事件の際に、トランプ元大統領を支持する投稿をしていたアマンダ・エンシングは化粧品販売大手のセフォラと契約を解除されています。

Amanda Ensingが美容界で活躍できないのはトランプ支持者だから?それとも……
美容YouTuberのアマンダ・エンシング(Amanda Ensing)がよくわからない騒動を起こしています。 YouTube登録者数142万人のアマンダは2012年から活動しています。2017年にはアパレル商品の盗作騒動があったり、...

その後、アマンダはセフォラを相手に訴訟を起こすと投稿しています。

政治信条は美容界と切っても切り離せない時代であるようです。この傾向が今後より強まっていくのか、一時的なのものなのかはわかりません。

タイトルとURLをコピーしました