クロエ・カーダシアンが未加工の写真を必死に消そうとする その理由は…

セレブ・エンタメ

Instagramでは現在、お尻が大きい体型のモデルが人気です。整形してこの体型にしようとする人もいます。その体型を理想像にしたのはカーダシアン=ジェンナー家です。

キム・カーダシアン

今回はクロエ・カーダシアンの加工なしの写真が出回り騒ぎになっていたので紹介します。

スポンサーリンク

おばあちゃんの鍵付きアカウントから…

クロエの加工なしの写真が最初に投稿されたのは、カーダシアン=ジェンナー家の祖母であるMJおばあちゃんの鍵付きのInstagramアカウントだったと言われています。写真はレオパード柄のビキニを着たクロエがにっこり笑っています1

ごく自然な写真でしたが、クロエはこの写真が拡散するのを阻止したかったようです。問題の写真を転載したTwitterアカウントやInstagramアカウントに法的措置をとって削除を要求しています。

美容整形を紹介しているアカウントkosmetickrysのInstagramストーリーで紹介されていました。

MJおばあちゃんの弁護士からDMCAクレームされて、Twitterの写真が削除された。ただ、おばあちゃんが孫の写真を投稿しただけなのに。


必死に加工なしの写真を封印しようとするクロエに批判的なコメントがありました2

身体醜形障害(BDD)とは過度に自分を醜いと感じる精神の症状を指します。顔だけではなく、体の美容整形をしているカーダシアン=ジェンナー家は身体醜形障害に苦しんでいるのではないか、という指摘があります。

美容整形外科のInstagram投稿です。左上に「訴えてみろ(SueMe)」と書かれています。

抄訳:クロエ・カーダシアンは数百万人の若者にフォローされ、彼女の行いはマネされる対象になっている。スタイル、髪型、化粧方法、身体まで。巨大なフォロワーを得ている人には相応の責任がある。青少年に良い影響を与える機会があるはずなのに、相変わらず美肌加工をし、編集して、フィルターをかけ、写真を加工して、到達不可能な美の基準を植え付けようとしている。その点を批判する者がいれば「もっとポジティブになりましょう、いじめはいけません」なんて煙に巻くんだ。
これは美なんかではなく、自信のなさの表れだ。

人々がクロエの加工なしの写真で騒いでいるとクロエは長い長い釈明文を投稿します。

写真を投稿して細部まで検証され批判されるのはいつまでも慣れないし、批判を聞いているうちに自信を失ったと明かしています。世間にどのように見られたいか、どの姿の自分を投稿するかはすべてクロエが判断し、これからも加工した姿を投稿する、と話しています。

視聴者の意見を紹介します。

(2021年4月9日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

カーダシアン=ジェンナー家の外見に関する執着を感じる騒動でした。彼女たちはイメージで商品を売る商売をしているので、誰もが憧れるような姿を見せ続けなければいけないプレッシャーを感じているようです。

こちらはカーダシアン家がハリウッドの美意識に与えた影響についての記事です。

SNOWやインスタは危険?YouTuberが写真加工に問題提起
SNOWなどのアプリの機能が向上し、Adobe Photoshopなどで複雑な操作をしなくても気軽に綺麗な肌に補正したり、身体の曲線を操作したりできるようになりました。日々、補正された写真を見ている私たちは知らずに「これがあるべき姿なんだ」...

Image: Khloé Kardashian’s Unedited Bikini Photo Could Change Young Women’s Lives

  1. 当初、写真はアシスタントの不注意で投稿された、と言われていたがウソだったようだ。
  2. ネットの摂理で「消そうとすればするほど拡散する」ので、クロエは法的措置などとらずに黙っていた方が良かったのではないか、と思う。
タイトルとURLをコピーしました