新型コロナウイルスで亡くなったユーチューバー ワクチン接種後にブレイクスルー感染した人も

YouTuberニュース

マインクラフトで人気だったYouTuberのブランドン・ディラン・アッシャー(Brandon Dylan Ashur)が新型コロナウイルスで亡くなりました。ブランドンはバッシャー(Bashur)名義で2010年にチャンネルを開設して活動してきました。

スポンサーリンク

他界したBashur

ブランドンが新型コロナウイルスで亡くなったと報告するきょうだいのFacebookの投稿です。チャンネルDramaAlertの司会者キームスターがスクリーンショットを公開しています。

投稿内容の抄訳:たくさんの困難に直面した36歳の生涯を、まさかパンデミックで終えることになるとは思ってもいませんでした。彼は困難に屈することがなかった本当に強い人です。ネットで何を言われようとも、あなたは素晴らしい心を持っていると常に証明してきました。

新型コロナウイルスで闘病を続けていましたが、亡くなりました。彼はストリーミングを通して多くの人を感動させ、YouTubeでも150万人の登録者を誇ります。こんなに素晴らしい人だったのに。現実を受け入れたくありません。

ブランドンは18歳だったときに未成年と交際して逮捕されたことがあり、人気YouTuberになった2015年には元交際相手に金目的で利用されたと知り、号泣することもありました(動画)。昨年は新天地を求めてオーストラリアに移住した数か月後に母親の死を受けて帰米していました。

近年はうつ病で苦しんでいることも動画で明かしていました。Facebook投稿にあるとおり、波瀾万丈の生涯だったようです。

ブレイクスルー感染したメーガン

YouTuberのメーガン・リンクス(Meghan Rienks)はワクチン接種を済ませていたにも関わらず、新型コロナウイルスに感染しています(ブレイクスルー感染)。彼女が症状をツイートしています。

嗅覚や味覚の感覚が失われたことも明かしています。

メーガンはワクチン接種を受けたと報告する動画を今年の5月に公開しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンだったそうです。

I got the vaccine : vlogging my experience with johnson & johnson

ワクチンの効果は100%ではないので、ブレイクスルー感染も発生することがあります1。接種から時間が経つと効果が弱まることが知られているので、なおさらです。変異株に対してはワクチンの効果が弱い場合も報告されています。

カイザーファミリー財団のサイトによれば今年の7月末時点で米国では新型コロナウイルスの新規感染者の90%以上がワクチンの接種を受けていないか、接種が完了していない人なので、メーガンはまれな例になります。このサイトによれば、ワクチン接種後は重症化しにくくなり、入院率はゼロに近く、死亡率もほぼゼロであるそうです。

おそらくメーガンは軽症で回復すると思われます。ブレイクスルー感染した症状については9月20日に公開された動画でメーガン本人が詳しく話しています。

嗅覚に異常があり、ニンニクを食べても、コーヒーを飲んでも、チップスを食べても「においが分からない」と話しています。感染はしましたが、メーガンは繰り返しワクチン接種の重要性を呼びかけています。

  1. ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンはファイザーやモデルナに比べてやや入院予防効果が低いという報告がある。
タイトルとURLをコピーしました