Valkyraeがブルーライトによる肌の老化を防ぐ化粧品を発表するも、科学的根拠が乏しく批判を浴びる

コスメ

人気ストリーマーのヴァルクレイ(Valkyrae、本名Rachel Hofstetter)がスキンケア商品を発表しました。ブランド名はリフレクト(RFLCT)です。

スクリーンからのブルーライトによる肌ダメージを予防するための化粧品シリーズと謳われていますが、化粧品シリーズの発表に懐疑的な声が少なからず出ているので紹介します。

スポンサーリンク

リフレクトの商品

こちらが2021年10月19日に公開された宣伝動画です。執筆時、動画には50%以上の低評価が付いています。

RFLCT by Valkyrae

ヴァルクレイはこのように話しています。

みんなのスクリーンタイムはどれくらい? 私は8時間! 私たちはデスクトップやスマホ、スクリーン付きの腕時計……たくさんのスクリーンを見て過ごしています。私はクリエイターとして、本当に長い時間スクリーンを見ています。おかげで肌荒れすることもありました。そこで、新しい化粧品を発表します!

「リフレクト」はブルーライトによる影響から肌を守るために誕生したそうです。ヴァルクレイはツイートで2年かけて開発に関わったと明かしています。

recovered tweet 1450498051013943297

(2021年10月31日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

公式サイトによれば商品はジェル・クレンザー($18)、モイスチャライザー($24)、アイマスク($24)などです。

ヴァルクレイの発表に多くのストリーマーから祝福の声が投稿されていました。しかし、一部の視聴者から「ブルーライトの悪影響から肌を守る」という宣伝文句に疑問の声が浮上しています。

疑問の声

視聴者の声を紹介します。

このツイートと同様の内容が、皮膚科専門誌に掲載された専門家による編集者への手紙にもあります。これによれば、可視光には皮膚の老化に関係するという明確な証拠はまだなく、強いディスプレイから30 cmのところで計測したブルーライトの強度は、日光の200分の1以下です。ディスプレイのブルーライトに悪影響がありうるとしても、日光に比べれば問題になりません1

こちらはリフレクトのYouTube動画に投稿されたコメントです。

ヴァルクレイに好感を持っています。OfflineTVとコラボしているヴァルクレイの印象がいいから……だけど、これは明らかに詐欺です。ブルーライトが肌に悪影響を及ぼす根拠はまだないし、太陽光のブルーライトと比較しても微量。スクリーンからのブルーライトが問題だとする前提が不誠実だと思う。
ヴァルクレイが一緒に手を組んだ人はClaudi Pocciaのようだけど、彼女はエイボン(古典的ネズミ講の化粧品ブランド)を立ち上げた人でしょう。
しかも公式サイトには、論文へのリンクなしのWebMDの記述を根拠にしている2。公式サイトの記述は「かもしれない」や「可能性があります」のごまかしの言葉が使われている。商品の売り込みのために科学的に立証されていないことを利用している。
人々がお金を無駄にして、訴えられる前に早く撤退した方がいいと思う。

結局、売れてしまう?

ヴァルクレイは先日、アパレルを売り出して1日で2万件の注文があったと話しています。アパレル商品だけで1週間でおよそ4億円を売り上げたと報じられています(動画)。

大人気のヴァルクレイなので、彼女が関わる商品を欲しがるファンが多くいます。今回の基礎化粧品についても主要ファン層は根拠が乏しいことを知らずに購入することがありそうです。商売の戦略とはいえ、恐怖心をあおるような疑似科学を持ち出すのは感心しません。

【2021年11月4日追記】ヴァルクレイが釈明しました。こちらの記事をごらんください。

Image: Valkyrae’s New Skin Brand RFLCT Is Being Called A Scam For It’s Claims About Blue Light On Skin

  1. ちなみに、この手紙の末尾の利益相反の開示にはロレアルなどから研究資金を提供されているとある。ロレアルはディスプレイのブルーライト関連の化粧品には手を出さないつもりなのかもしれない。
  2. その記述は後に修正されたが、こちらの動画内で修正前の画面が見られる。
タイトルとURLをコピーしました