MrBeastが再現したNetflixのヒット作『イカゲーム』動画は予算5億円の大迫力

YouTuberニュース

Netflixの大ヒットドラマ『イカゲーム』を再現した大規模な動画が公開されました! 人気YouTuberのミスタービーストが2021年11月24日に公開しています。ドラマのセットを徹底的に再現して、撮影予算は総額5億円($5ミリオン)とも報じられています1

456名の一般人が公募で参加して、賞金456,000ドル(約5300万円)を懸けてゲームを行います。

当初『イカゲーム』を再現すると発表したミスタービーストは、一部の視聴者から批判の声にさらされていました。

というのも、原作のドラマは「金持ちが見て楽しむために、債務者たちが命を懸けたゲームに参加する」物語だったからです。「ミスタービーストは原作の金持ちと同じことをするより、その予算を寄付した方が、人の役に立つはずだ」との声が出ていました。

スポンサーリンク

批判の声

ミスタービーストが批判されていたのは、こちらの投稿が発端でした。

ロボットや衣装、簡易ベッド、ガラスの床までセットで再現されています。これほど再現できる予算を確保できるミスタービーストはさすがです。

このツイートに批判の声が噴出します。

まったく同じ内容のコピペも投稿されています。

一方で擁護の声も投稿されています。

ミスタービーストは複数のチャンネルを運営していますが、「ミスタービーストの社会貢献活動(Beast Philanthropy)」というチャンネルも立ち上げています。最新動画は『一万世帯に感謝祭の食事を提供したよ』です(動画リンク)。ミスタービーストなりに、できるかぎり慈善活動を行っているようです。

公開前から一部の視聴者に批判される中、動画は無事、公開されました。

大迫力のセット

$456,000 Squid Game In Real Life!

456名が賞金を懸けて必死にゲームに参加する様子はドラマ以上の迫力です。今回の動画は、海外YouTuberの間で「ミスタービーストの最高傑作」だと評価されています。

ミスタービーストの動画は毎回YouTubeトレンド入りしていますが、今回は違います。指摘しているYouTuberのコフィズィラです。

不思議です。

YouTubeトレンド(急上昇)は人為的な操作があるとされています。ミスタービーストの通常の動画や、慈善活動動画を推すためYouTubeはトレンドに入れていますが、今回YouTubeが推さないことにしたのは、原作『イカゲーム』に残酷な描写もあるためかもしれません。他のYouTubeチャンネルが『イカゲーム』を再現している動画は、トレンド入りしていましたが。

  1. 2021年11月20日公開のドラマ・アラート動画内。ミスタービースト本人は約3億5000万円かかったと言っている。
タイトルとURLをコピーしました