世界の貧乏飯対決!アメリカvsイギリスvsロシア?編

ライフスタイル

できるだけ食費を削りたい! タダ飯食べたい!

いくらまで食費をケチれるかアメリカ、イギリス、ロシアからの動画紹介です。

スポンサーリンク

イギリス編

物価が高いイギリスから。1週間続けるシリーズです。まずは1日目、英1ポンド(約140円)で1日過ごす挑戦です。

London Hacks – Living on £1 a Day | #1

チャンネルはLondon Hacksです。

朝食用のパンと卵を買って予算が無くなってしまう
スーパーで試食を食べるがお腹を満たせず食べきったら無料になる挑戦をお店でする
食べられず、友人に支払ってもらい、1日終了

わりとグダグダです。

こちらも1日英1ポンド1週間挑戦の初日です。

living on £1 a day for a week – DAY ONE | clickfortaz

チャンネルはClick For Tazです。

スーパーで激安商品を購入し予算を使い切ります。

内訳:パスタソース、パスタ、ラーメン、パン一塊

3食ほぼ同じものを食べます。炭水化物多めですが、自炊でお腹いっぱいになりました。

アメリカ

こちらも物価が高いニューヨークで食費1日$1に挑戦しています。

LIVING on $1 for 24 HOURS in NYC! (Day #1)

チャンネルはLiving Bobbyです。

チャイナタウンの激安スーパーで購入し予算を使い切ります。

内訳:なす、トマト、さつまいも、卵2つ

朝食は購入したものを料理し完食します。

昼食はスーパーを巡りたくさん試食します。

夕食はアプリを使い無料サンドイッチを入手します。

栄養バランス良く1日過ごせました。

i only spent 1 DOLLAR on FOOD for 24 hours !!!

チャンネルはRaphael Gomesです。

毎朝買っているスタバで水を注文します。(エスプレッソ1カップ$2.25のため断念)

住んでいるアパートに併設しているオフィスからエスプレッソを入手して、朝ご飯終わり。ウォルマートに行くが、高すぎて買えるものがありません。

市場で卵、米、豆、桃を入手し、予算を使い切ります。(正確には卵と桃は無料で手に入れました。)

昼食は桃と卵、夕食はご飯と豆です。炭水化物とタンパク質はばっちり補給できました。

(おまけ)謎のスラブ人?から

4週間$60で過ごす方法を貧乏学生に伝授しています。チャンネルはLife of Borisです。

SURVIVAL ROUND – How to survive 4 weeks on 50€ ($60)

オススメは

  • キュウリ1本(とりあえずデカいやつ)
  • りんご7個(おばあちゃんからもらう)
  • マカロニ500g(最安値のもの)
  • パン1塊(かなり安いもの)
  • オートミール1kg(激安のもの)
  • チーズ250g(これは本物のチーズが良い)
  • 玉ねぎ5個(あわよくばおばあちゃんからもらう)
  • 人参5本(安いから)
  • ソーセージ500g(成分の10%は肉のやつ)
  • 卵10個(できれば鶏飼っているおばあちゃんからもらう)
  • バター(ブテルブロート = オープンサンド用)
  • じゃがいも10個(激安のやつ)

を購入し、色んなレシピで食べます。かなりふざけた内容の動画ですが、理にかなった方法ですね。

以上、各国の貧乏飯紹介でした。

カップ麺やお米のみで乗り切れますが、栄養が偏らないようにすると工夫が必要です。

スーパーの食品サンプル、アプリを使い無料で入手、お店でフードチャレンジなど複数の方法で食事ができました。調味料もマクドナルドなどのチェーン店で無料で手に入ったり、市場で事情を説明して安く譲ってくれる場合もありました。

世界の全人口の半分が1日$2以下で生活している現状を思うと、この挑戦中でも恵まれた状態であるのがわかります。

タイトルとURLをコピーしました