エリザベス女王がインフルエンサーの子に転生する話で盛り上がるTwitter 植民地主義批判も

社会・政治

イギリス王室のエリザベス2世が96歳で亡くなりました。悲しむ声が多いのかと思われましたが、君主制や植民地主義を批判する声やエリザベス2世が生まれ変わるとどうなるか、が話題になっています。

スポンサーリンク

トリシャ・ペイタスの子どもに生まれ変わる女王

悪名高いYouTuberのトリシャ・ペイタスはこれまで、自身を「黒人女性」、「トランスジェンダーの男性」、「解離性同一性障害」、「チキンナゲット」だと主張してきました。すべて視聴者を怒らせ、注目を集めるために言ってきたウソですが、現在のトリシャは妊娠後期です。出産予定日は9月中旬だと予想されています。

その悪名高いトリシャ・ペイタスの子どもにエリザベス2世が生まれ変わるのではないかとネタになっていました。

まだ10歳なのに化粧をしています。トリシャ・ペイタスは女の子どもが生まれたらミス・コンテストに参加させると話していました。悪趣味の極みです。

エリザベス2世は天国には行けないようです。嫁いびりのウワサは本当だったのでしょうか。それでトリシャの子どもとして生まれねばならなくなったなら、ご愁傷様です。

好意的なものばかりでもない反応

空港職員がエリザベス2世死去の報道を見て喜んでいるかのような様子も話題になっています。

大英帝国の負の歴史を考えれば、彼女の死を悼む人ばかりではないのも無理もありません。アイルランドが独立したのは彼女が生まれる4年前、インド帝国が解体されたのは彼女が王位に就く5年前でした。

女王が即位したとき、イギリスはまだ植民地帝国の面影を残していました。

いじられる女王

SNSにはエリザベス2世が亡くなったことをいじる投稿が多く見られました。しかし、いじり投稿をする前に、イギリス王室の心境について配慮をしようという意見もあります。

配慮しましょうと言いつつ、いじっています。

ところでこちらの不倫した人ですが、73歳にしてようやく終身雇用の職に就けたようです。

おめでとうございます。チャールズ3世と呼ばれることになります。……なんだか大変なことが起こりそうな名前ですが、大丈夫なのでしょうか1

  1. チャールズ1世は清教徒革命で処刑されている。その息子チャールズ2世は天寿を全うしたが、没後3年で名誉革命が起こり、後を継いだ弟のジェームズ2世は追放された。
タイトルとURLをコピーしました