映画Don’t Worry Darlingの監督と俳優が不仲のウワサ ハリー・スタイルズは唾を吐く?

セレブ・エンタメ

2022年9月23日に公開される映画『Don’t Worry Darling』の演者たちが不仲なようだと話題になっています。監督はオリヴィア・ワイルドが務め、主演はフローレンス・ピューハリー・スタイルズが務めています。

ベネチア国際映画祭で行われた記者会見にフローレンスは参加せず、演者たちの間で何かがあったようだと人々は気になって仕方がないようです。

どうやら、監督オリヴィア・ワイルドに不手際があったようだと人々はウワサしています。

スポンサーリンク

制作時の問題

2020年4月、主演の夫役にシャイア・ラブーフが起用されていました。ところが2020年9月にハリー・スタイルズが夫役を演じることになったと発表されます。この俳優の変遷についてVariety誌の取材でオリヴィアは「方針の違いからシャイアを解雇せざるをえなかった」と話していました。

これに対してシャイア側はオリヴィアが私的に送ってきた動画やメッセージの内容を公開しました。オリヴィアのウソを暴く意図があるのかもしれません。

オリヴィアは動画で「まだ諦めきれないから、どうにかミス・フロー(フローレンス・ピューのこと)と上手くやっていけないか私たちと方法を模索しませんか。どうでしょう?」と話しています。

フローレンスはシャイアと共演したくないとオリヴィアに話していたようです。シャイアは自ら役を降りたようですが、オリヴィアはどうしても演じて欲しいとお願いしていたようです。

オリヴィアは「フローレンスに能力を発揮してもらうために最大限協力した」と話していますが、一部のファンはオリヴィアをウソつきと批判しています。

監督はハリーと交際?

2021年1月頃、オリヴィアはハリー・スタイルズと仕事関係者の結婚式に一緒に列席しているパパラッチ写真が公開されます。二人は手をつなぎ、仲良くしています。

オリヴィアは長年交際していたジェイソン・サダイキスと2020年11月に破局したと報じられていました。

この頃、「とある映画プロダクションの助手をしていた人物」のタレコミがTikTokのゴシップアカウントにあったようです。「ブロンドの主演女優とアイドルグループの元メンバーが主演を務める映画、監督は元アイドルに興味津々、監督は夫を撮影現場に出禁にする、その後元アイドルと監督のデート写真がパパラッチされる、監督はスタッフ全員に秘密保持契約書にサインするように命令、監督は現場でよく怒鳴っていた、ある日楽屋で監督と主演女優が大げんかしているのを盗み聞きしてしまう……」といった内容です。


どう考えても『Don’t Worry Darling』の制作陣に関わる内容です。どうやら、オリヴィア監督とフローレンスが不仲のようです。

クリス・パインの表情

2022年9月に催されたベネチア国際映画祭で、ハリー・スタイルズの発言がいじられています。ハリーが「映画の素晴らしいところは〜劇場に行ってあ〜映画だ〜と感じるところだね〜。」と特に意味のない内容を話しています。隣に座っている共演者のクリス・パインの呆れた顔がTwitterでトレンド入りしていました。

クリス・パインのファンはこのようにツイートしています。

その後、記者会見にいるクリス・パインはいじられます。

クリス・パインはカリフォルニア大学バークレー校で英文学の学士号をとり、アメリカン・コンサーバトリー・シアターで演劇を学んだ正統派の俳優なので、元アイドルのハリーの発言には付き合えなかったのかもしれません。

記者会見では気まずい質問もあったようです。

唾?

試写会のあと、ハリー・スタイルズがクリス・パインの足下に唾を吐いたのでは?という動画も話題になっています。

実際は唾を吐いていなかったようですが、そのように見えます。

この動画は「ハリー・スタイルズがクリス・パインにヤギを投げつけた!」と加工されています。

recovered tweet 1567217484612210689

(2022年9月25日:削除されたツイートをキャプチャ画像で置き換えました。)

不仲なままの二人

試写会でもフローレンスとオリヴィアは目を合わせようとしません。離婚した両親が子どもの結婚式に出席したときの席次みたいだといじられています。

未公開の映画についてこれほど盛り上がるのは珍しく感じます。映画界に活気が戻ってきたのかもしれません。

ここまでの内容はkayla saysが動画にまとめています。

An extensive recap of the Don't Worry Darling drama (Harry Styles, Olivia Wilde, Florence Pugh)
タイトルとURLをコピーしました