米教会に6000万円の隠し財産?トイレの壁から大量の現金が発見されたJoel Osteenの教会

社会・政治

メガチャーチの牧師であるジョエル・オースティン(Joel Osteen)が運営する「レイクウッド教会」の敷地内から大金が発見されニュースになっています。ジョエル・オースティンはテレビ宣教師として成功し、たいへんな資産家としても有名です。

レイクウッド教会内のトイレを修理していた男性が、トイレの壁から「現金や小切手が入った500枚の封筒を見つけた」と告白しています。

スポンサーリンク

米国のメガチャーチとは

米国では人気のある牧師に信者が集まり、万単位の信者を抱える教会も少なくありません。コンサート会場のような巨大な礼拝堂で、ライブのような礼拝が行われます。このような教会をメガチャーチ (magachurch)と言います。メガチャーチの牧師の中にはテレビ番組を持ち、テレビ宣教師(televangelist)と呼ばれる人もいます。

メガチャーチは信徒の多さを背景に高い資金力を誇り、牧師が贅沢な生活をして批判されたり、脱税で逮捕されたりすることもあります。メガチャーチは「信じれば金持ちになれるからたくさん献金しよう」と説く「繁栄の神学」を広めていると批判されることもあります。

レイクウッド教会もこのメガチャーチの一つでした。Wikipediaによれば、レイクウッド教会には16800人が来場でき、毎週52000人が礼拝に参加するそうです(英語の礼拝が4回とスペイン語の礼拝が2回)。

トイレに隠された大金

レイクウッド教会の所在するテキサス州の地元ラジオ番組『100.3 The Bull』で「あなたが発見したもっとも高額なものは何?」という企画をしていたところ、修理工のジャスティンさんが電話をしてきたそうです。

ジャスティンさんは「ジョエル・オースティンの教会から依頼がありトイレ修理をしていた。トイレを取り替えるために壁を触っていたら、壁の中から500枚ほどの封筒が出てきた。」と話しています。封筒の中には大量の現金や小切手が入っていました。

ジャスティンさんは「現場担当者にすぐ報告して、発見した封筒はすべて渡した」そうです。

ラジオ司会者のジョージ・リンジーさんは「こんな仰天ニュースは聞いたことないよ! Netflixのドキュメンタリーになるんじゃないか」と話しています。

Plumber discovers money, checks in wall of Joel Osteen’s Lakewood Church, years after $600K burg…

実は、レイクウッド教会では2014年に大金が盗まれた事件が発生していました。金庫に入れていたはずの現金$600,000(約6000万円)が紛失したと教会関係者から通報があったそうです。結局、捜査の進捗はなく現金の行方はわかっていません。

今回トイレの壁の中から出てきた現金の総額は不明ですが、2014年の事件との関連を疑う声も出ています。

課税せよ?

報道を受け、このような投稿がありました。

宗教団体は慈善活動を行うので非課税にすることになっています。しかし、メガチャーチのレベルになると営利企業顔負けの稼ぐ力があり、一方でさほど慈善活動をしていないこともあるようなので、課税してもよさそうです。

メガチャーチには数百万人の信者がいるとされ、多くの億万長者牧師が誕生しています。清貧を説きながらこんなプライベートジェットに乗っていると報じられたテレビ伝道師ケネス・コープランドなどは有名です。

Full Interview: Preacher Kenneth Copeland Defends Lavish Lifestyle

ケネス・コープランドは「飛行機には悪魔がいるから、プライベートジェットしか乗らない」と発言していました。ジョエル・オースティンも億万長者ですが、自然災害が発生しても寄付をしようとしないと指摘されています。宗教を自己利益のために利用しているとしか思えないジョエル・オースティンです。

Image: JAMARI The Dark Side of Joel Osteen

タイトルとURLをコピーしました